商品レビューです。

アマゾンで発見したスーパーソニックスクラバーという掃除グッズを使ってみました。下の写真はスーパーソニックスクラバー本体に付属の小型ブラシを取り付けたものです。本体セットにはこの他にもっと大きいブラシのほか磨き用のパッドなどもついてきて良さげな感じがしました。しかしアマゾンでレビューを見ると、意外と否定的な意見もちらほらありどうしようかと思ったのですが、ユーチューブでこの商品レビューをみたところ結構大丈夫そうなので買ってみました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユーチューブでスーパーソニックスクラバーというキーワードで検索するといろいろ出てくると思いますが、私が見たのはコレです。↓

スーパーソニックスクラバーのユーチューブ動画例

この動画を見る限り、音は私にとってはそれほどでもなく、少なくともコンパウンドを使うと結構落ちるようです。まあコンパウンドを使えば汚れが落ちるのは当たり前と言われるかも入れませんが。。。それとコンパウンドを使ったばあい、削れてしまうというのは注意点ですね。

そんなわけで、コンパウンドも買わねばということで買ったのが「ハイホーム」という商品。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハイホーム

電動ツールなので削りすぎないか注意しながらやってみたのですが、これがかなり良かったです。写真は撮りませんでしたがまずは水道の蛇口をやってみた所、新品のようなピカピカな輝き。これは良い。もっともハイホームを使えばスーパーソニックスクラバーを使わなくても同様にきれいになった可能性は高いと思いますが、どっちにしても大した値段ではないし、力を入れなくて済む分楽なことは確かです。

これで気を良くして長年に渡り汚れがたまったキッチンのクリーニングにも挑戦。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用前

この汚れた面がハイホームとスーパーソニックスクラバーでどうなったかというと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用後

色が違っているのは撮影者の影です。ですので表面自体は見違えるほどきれいになりました。人によって商品に対する意見が違うのはわかりますが、私にはそんなに悪い商品には思えませんでした。というより、むしろ大満足です。調子に乗って色々やってみましたが、やったところはどこも大変綺麗になりますます大満足です。

気になるのはこのブラシが入らない狭いところはスポンジとか歯ブラシとか他の手段でやるしか無いのが面倒ということぐらいでしょうか。それと、ブラシが小さいので広い面積をやるには時間がかかります。付属にもっと大きいブラシもありますが、大きいブラシでハイホームを使うと、コンパウンドが飛び散ってしまうのでその組み合わせはNGでした。

他にもアマゾンのレビューにはチープな作りで「おそらくは、あと数回使ったらモーターが焼き切れるでしょう」なんて断定的なコメントもありますが、私の場合、小さなブラシでかなり広い面積で連続使用しましたが今のところ大丈夫です。

ただし、これはスーパーソニックスクラバーではなくハイホームの問題となりますが、磨いた後に磨いた後の表面に残ったコンパウンドを拭き取るのが面倒といえば面倒です。それとコンパウンドなので使用できる場所には制限があるでしょう。アマゾンにはハイホームで水垢が落ちない、サビが落ちないというレビューもあるようですが、私の場合は水垢も少しのサビもキレイに落ちてわからない程です。ただし、頑固なサビだと専用のサビ落としでないと厳しそう。まあ、元々細かいコンパウンドで頑固なサビを落とすのは不適切ですので、いくらなんでもそれはムリだろうと思いますが。。。

一旦キレイにしてしまうと、そんなに頻繁に使うものでもないので年に一度くらい動けばいいかなと言う私には手頃で便利でした。もっとたくさん、かつ頻繁に使いたい場合は、何しろブラシが小さくて広い面積には不向きなので別のモノか方法を考えたほうがいいでしょう。

なのでキッチンのタイルくらいまではこれでキレイにしたのですが、お風呂場のタイルは(広すぎて)やめておきます。